Do youとAre youの違い




英語で質問する際に、最も日本人が迷う場面が、

Do you を使うのかAre youを使った方が良いのか?

 

ここがイマイチはっきり判らない方が多いです。

 

そこで、今回はDo youAre youの違いを

なるべく文法用語を使わずに誰にでも理解できるように説明をさせていただきました!

 

どうぞ下のレッスン動画をご確認ください!↓

 

ただしその前に、

簡単にここでも説明をいたします。

 

簡単に使い分けるための『定義』がありますので、

是非確認して、定義に当てはめながら、

動画レッスンをやってみてください。

 

まず『Do you』 と『Are you』は英語で質問する際に使うフレーズです。

日本語だと、(___ですか?)こんな感じになります。

 

Do you →動詞(原形)が次にきます

※行動を表現する言葉

定義は:

1)相手の習慣や日常の行動について質問する際

2)相手の考えや思いを確認する際

 

Are you →『形容詞』、『名詞』が次に来ます。

※容姿、状況、気持ち、人、場所を表す言葉

 

定義:

1)誰なのか?

2)相手の今の気分や気持ち

3)現在していること

4)これからすること

 

簡単な言葉で理解できる『Do youとAre you の違い!』

 

優しい言葉で『Do you』と『Are you』の違いを再確認!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です