英語で道案内 前編

せっかく英語を学習しているのであれば、

日本を訪れている外国人に対して英語を使ってみたいと思う気持ちは誰でもあると思います。

 

でも、実践に慣れていないから自身がない方がほとんどだと思います。

道案内なら特にお題をこちらから提案する必要もないし、

変に長々会話をする必要もなく英語が使えてしかも喜んでもらえます!

 

道案内は日本語でも英語でも、伝えたいことを整理しておかないと相手が理解してくれません。

そこで、相手に分かりやすく伝えるためには『繋げる単語』が重要になります。

日本語なら:

『その後に』

『そしたら』

『次に』

『あとは』

上記のような単語になります。

 

英語なら:

『And』

『Then』

『After that』

『Next』

 

ぜひ、繋げる単語を使うように意識しながら道案内することを心掛けてみてください!

 

それでは完璧に身につくまで繰り返し練習してみてください!

 

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です