意外に難しい『It’s 』を使ったフレーズが簡単に身につくレッスン





英語で読んだら意味が分かるのに、

日本語を英語に訳して、英語を話そうとすると結構難しいです。

 

例えば:

 

There is a convenience store at the next corner.

意味を考えてみてください。

答え:

次の角にコンビニがあります。

 

このように英語を読むと結構多くの方がなんとなくでも、

意味を理解できます。

 

でも、

日本語文:

どうだった?

これを英語に訳そうとすると、

結構多くの方が正しくできないのです。

 

こんなシンプルなフレーズなのにできない!

 

なぜ?

 

それは日本で受ける英語教育が原因なのです。

 

日本で育った方は中学に入れば、英語の授業があり、

高校や大学に行っても英語の授業があります。

 

ただし、読み書きが中心になっているため、

英語を読み解くことには慣れているのです。

 

でも、自分の思いを伝えるためのフレーズなど、

伝えたい英語、ようは話す英語はあまり習ってきていないため、

こんなシンプルなフレーズさえも、

英語に訳すことができないのです。

 

ちなみに今回の

どうだった?』は

How was it?

 

こんな感じになります。

 

今回の例文のように読むと理解ができるフレーズでも、

日本語を英語に訳そうとすると結構難しいフレーズが、

It’s を使ったフレーズです。

 

ぜひ、もっと英語がスラスラと口から出てくる感覚を身に付けたい方は、

こちらの動画レッスンをご視聴ください↓

意外に難しい『It’s 』を使ったフレーズが簡単に身につくレッスン」への2件のフィードバック

  1. こんばんは
    いつも楽しく学習させていただいています。
    独学ですので、こちらを拝見するとモチベーションが上がります。
    これからもよろしくお願いします。

    1. はるっぴ様
      コメントいただきありがとうございます。
      独学の天敵は継続力だと思います。
      そして継続力が上達のカギだと思います。
      ぜひ、無理のない範囲で、毎日少しずつ頑張ってください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です